体に入れた刺青を消す方法|病院で除去治療を受けよう

ナース

タトゥーを消すには

ビキニ姿のレディー

刺青を除去する場合、大きさや色によって向いていない施術方法があるため、治療を受ける前にきちんと診察してもらうことが大切です。また、それぞれの治療法にある違いや、向き不向きがあるためきちんと選ぶことが大切です。

もっと読む

体に彫るオシャレ

注射

現在、体に彫っている刺青のデザインを変えたくなったなら、まずは刺青を除去してもらうと良いでしょう。刺青は皮膚を専門としたお医者様に除去してもらえますので、腕の良い医療機関を探してきちんと消してもらうことをオススメします。

もっと読む

美肌対策コスメ

水着のウーマン

体にタトゥーが入っているせいで生きにくさを感じている人は、美容外科クリニックを受診して刺青除去手術を受けるようにするとよいです。医療レーザーを使った刺青除去治療が有名ですが、それ以外の治療方法もあります。

もっと読む

消すための方法とは

メンズ

特徴とデメリットとは

刺青は、芸能人などがファッション感覚で行なっていることから若者の間で入れる人も多くなっています。針や刃物などで皮膚を傷つけて、その傷に色素を入れて着色した文様や文字、絵柄のことをいいます。タトゥーとの違いは傷の深さだとされています。簡単に入れられることから、簡単に行なう人も多いとされています。しかし、一度入れたら除去することは難しく、体を傷つけるものでもあるため安易に行なわないことが大切です。また、入れるよりも除去するほうが痛みがあるため刺青を入れたことを後悔することも多く、プールや公衆浴場、温泉などに入ることが困難となる、保険に入ることができなくなったり、就職が困難になってしまうというデメリットもあります。

治療方法

この刺青を除去するための方法はいくつかあります。確実に除去したいというときには、その皮膚ごと切り取ってしまう切除法があげられます。デザインが大きかったり、皮膚の伸縮があまりない部分、デザインが複雑だという場合には少しずつ切除します。細い医療用の糸で縫い縮めて見えなくします。これよりも手軽なものとしてはレーザー治療がおすすめです。黒や青などにレーザーを照射することで色が薄くなります。傷跡が残る心配がないというメリットがありますが、治療期間が長く赤や黄色などの色素に反応しにくいというデメリットがあります。広範囲の刺青には剥削法が良いとされています。皮膚を削り取る方法で、レーザーでは難しい赤や黄色などにも対応します。しかし、どの方法も自由診療で治療費は高額になるため注意が必要です。